おれおれフレームワーク

カテゴリー:

framework

フレームワークとは「開発・運用・意思決定を行う際に、その基礎となる規則・構造・アイデア・思想などの集合のこと。日本語では「枠組み」などと訳されることが多い。」(出典:Wikipedia)

今回はプログラミングの話しです。
Natural Fun Factory では「農園観察日記」などのオリジナルサービスを開発したり、受託開発としてお客様のシステムを開発したりします。
その際に、最初に作るのがこのフレームワークです。
当然色々な開発言語(JavaScriptやPHP等)を使いますが、どの言語を使う場合にはフレームワークは作ります。

世の中にもフレームワークと呼ばれるものが出回っていますので、当然使えるものは使います。
でも、世の中のフレームワークだけでは足りないことが多いです(もしくは機能が多すぎる、制約が多すぎるなども多い)。

なので、オリジナル(または既存のフレームワークを拡張した)”おれおれフレームワーク”を作ることが多いです。
このフレームワークは当然同じ開発言語であれば、異なるサービスや開発案件で流用できます。
フレームワークがあると、開発効率や生産性が上がります。
ようは、最初の開発ではフレームワーク開発が入るので、生産性は多少悪くなりますが、それ以降はどんどんと上がって行くわけです。
同じ開発言語・アーキテクチャーを使って複数の開発を回せば回す程この生産性は高まって行きます。

現在は、以下の開発言語・アーキテクチャでのフレームワークを保持して開発を進めています。

【サーバサイド】
・Node.js(JavaScript)+MongoDB
・Node.js(JavaScript)+MySQL
・PHP5+MySQL
※これらは基本Restfullなサービス開発がメインです。
 Restfullというのは、クライアントからJSONデータをHTTPで受け取り、JSONデータを返すようなアーキテクチャです。
※一応、サーバサイドでViewを生成することも視野には入れています。
 (Node.jsではejsを利用、PHP5ではSmartyを利用)

【クライアントサイド】
・HTML5+JavaScript
※このアーキテクチャはAjaxベースでサーバサイドと通信するものです。
 上記のRestfullなサービスをAjaxから呼び出しています。
・PhoneGapによるiOS/Android向けアプリ
※PhpneGapはHTML5+JavaScriptでネイティブアプリを開発できるツールです。
 ですので、中身のフレームワークは上記の「HTML5+JavaScript」と同じものになります。